HOME | 幹部教育から新人教育まで社員研修でしっかりと研修をする

幹部教育から新人教育まで社員研修でしっかりと研修をする

2016年7月23日 |

社員研修の重要性とは

会社に所属している社員の能力を向上させるために、あるいは社会人としての自覚を再認識させるためにも、社員研修は重要な社員教育です。研修の中では、企業がどのような事業を展開して社会に貢献していくのかを社員にわかりやすく教育したり、コンプライアンスを尊守するための教育などを行うことで、より成熟した組織を目指していくことができます。社員教育は社員のみならず会社組織全体に必要な研修なので行う場合にはしっかりと行うことが大事です。

新人研修は場合によっては外注する

社員教育でまず一番大事な研修となるのが、新人研修です。大学あるいは高校に専門学校などを卒業してすぐの社員を雇用する場合には、新人研修を行うことで、新社会人に必要なビジネスマナーや礼儀作法にビジネスの基礎などを教えることができます。社内に教育専門の人材がいるのならば良いですが、教育係に該当する社員が居ない場合には、社会人として使えるようになるまでは、外注の講師に新入社員研修を任せるのも良いでしょう。

研修のスタイルはいろいろある

社員研修のスタイルは一つだけではありません。座学で通勤させて行う研修もあれば、宿泊研修形式で泊まりがけで社員に対して教育を行う方法もあります。とりわけチームワークを重視する企業にとっては、宿泊研修を導入することで、きめ細やかな研修ができるばかりか、連帯感や団結力を社員に身につけさせることができます。社員研修は形にとらわれずに行うことが一番大事ですから、企業の自由な考えのもとに研修を進めていくようにしましょう。

企業の管理職研修では、部下の評価システムの講義やコンプライアンス案件の取り扱いについて、それから問題解決の手法についてのグループディスカッションを行います。

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Perfect Business .All Rights Reserved.