HOME | 不動産業で独立!これだけは知っておきたい3つの事

不動産業で独立!これだけは知っておきたい3つの事

2016年4月22日 |

独立には資格取得が必須!?

不動産業者には、従業員5人中1人以上の割合で、宅地建物取引士の資格を有する者が常駐している必要があります。つまり、不動産業者として独立する場合、まずは宅地建物取引士の資格を取得する必要があります。一人で独立する場合は必須の資格ですが、独立時に有資格者の従業員を雇い入れれば、代表者が宅地建物取引士の資格がなくても、不動産業で開業することができます。宅建試験は、実務経験が無くても受験できますし、不動産の取引にかかわる基礎的なことも学べますので、自分で資格を取得することをお勧めします。

不動産業開業の許可申請は各都道府県まで

不動産業者として独立するには、宅地建物取引業を行うための免許が必要となります。宅地建物取引業者の免許申請は、各都道府県知事に対して行い、基準を満たしていれば、都道府県知事より免許がもらえます。この免許があれば、堂々と不動産業者として不動産取引が行えます。不動産業者として宅地建物取引業の免許を取得するまでにかかる費用は、概ね200万円弱となります。当然しかっりとした事務所も必要となりますので、独立の際は、こういった経費をしっかりと念頭におきましょう。

独立資金がなくても出来るブローカー

宅地建物取引業者の免許取得のためには、少なくとも200万円弱の費用がかかってしまいます。しかし、ブローカーという立場で独立する方法もあります。ブローカーとは、宅地建物取引業者としての免許はとっていないけれども、宅地建物取引業法に抵触しない範囲内で、不動産取引に関わり収益を上げる人のことをいいます。ブローカーであれば、独立のための初期投資がほぼゼロで済みます。その代わりに、不動産取引に関する豊富な経験と深い知識が必要といえます。

フランチャイズ制度を利用することで店舗経営の担い手になれます。所謂、自分自らが店長になれる最短コースなのです。

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Perfect Business .All Rights Reserved.