HOME | 常識にこだわらない!発想を変えたSEO対策の方法とは?

常識にこだわらない!発想を変えたSEO対策の方法とは?

2016年4月22日 |

サブサイトに力を入れるSEO対策

SEO対策を行う場合は、SEO対策を行うための本サイトに行う事が一般的ですよね。SEO対策で行うためのサブサイトを利用する事もあります。このサブサイトは、検索エンジンからアクセスを期待しないサイトとして活用される場合もありますよ。サブサイトに対して、SEO対策を行えば、様々なキーワードからアクセスを期待する事が可能です。本サイトに対して、様々なキーワードを扱えば、まとまりがなく違和感を与えかねません。サブサイトに対するトップページヘのリンクは、本サイトのトップページとして行う事も可能です。様々なキーワードからのアクセスを期待する事が出来ますよね。

ドメイン名を検索され易いキーワードの利用へ

ドメイン名を考える場合は、企業名や、サイト名などの名前を利用する事が一般的ですよね。名刺にHPアドレスを記載する場合において、覚えてもらえ易いメリットもあります。しかしながら、今の時代、直接URLから入力する方はほとんどいません。企業名やサイト名が分かれば、直接、日本語で検索する事が一般的ですよね。つまり、ドメイン名と、企業名やサイト名は、必ず関連性が強けなければならないとは限りません。よく利用されるワードをドメイン名として利用する事によって、SEO対策の効果を引き出せる可能性があります。そのドメイン名からは、何を扱っているウェブサイトなのかを知らせる事も出来ますよね。長い間運営しているウェブサイトであれば、少なくてもサブページに対してのアドレスは、ローマ字による表記が望ましいと言えるでしょう。

文字の大きさを少し大きくするSEO対策

PCで見る文字の平均的な大きさは、10.5pxから12pxの間ぐらいです。PCからでは、最も見易い大きさと言われています。現在の端末は、pcのみではありませんよね。スマホから見る方もいれば、テレビとインターネットが繋がっている家電も増えつつあります。文字が小すぎる内容は、ブラウザの機能を使い大きくする方法もありますが、煩わしい作業の一つです。ストレスを与え、離脱率を高めてしまいかねません。検索エンジンからの離脱率の高さが、検索エンジンに情報として伝わり、評価の悪いサイトとして判断されてしまうリスクも高まってしまいますよ。適度な文字の大きさに対する、ペナルティーは存在しないと言われています。しかしながら、滞在時間と離脱率を考えれば、可能性は0ではありません。そのため、本文のサイズは、14pxから16pxほどの大きさが望ましいと言われています。

ホームページ作成とSEOは同時に行います。SEOとは「サーチエンジン最適化」と言い、サーチエンジンに評価してもらい、検索結果の上位に表示させる方策です。ホームページ作成と同時に考慮が必要です。

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Perfect Business .All Rights Reserved.